ぶらり骨董の旅

骨董品買取で損しないための方法

骨董品を売る場合、買取店を賢く選ばないと思わぬ損をしてしまうことがあります。なぜなら、同じ品物でもお店によって買い取り額にはかなりの差が生じるからです。一般的に言って、骨董品を買い取ってくれるお店は大きく分けて二種類あると言われています。一つは買取を専門にしているお店であり、もう一つは買取と販売という二つの業務を行なっているお店です。買取専門店の場合、お客から買い取った骨董品を専門店や業者市場に転売し生じた差額を利益としているのが特徴です。間に入る業者があると当然発生するのが仲介手数料であり、それゆえに買取価格をそれほど高額にできない状況にあると言えるでしょう。それに対して、買取と販売の両方を行なっているお店であれば、買い取った骨董品を直接別のお客に販売することができます。間に入る業者がほとんどないため、その分余分な手数料がかかることがなく、高額の買取も可能になるというわけです。自分が売りたいと思っている骨董品と同じような物を販売しているお店を選ぶなら、比較的高い価格で買い取ってもらえるかもしれません。

陶磁器や絵画、茶道具って高く売れる?
古いものなら価値があるかも、業者で査定!